■ カツマタ標準の耐震工法>>

    white

   
  

骨組を固くすることで大きな地震が来ても、
建物が倒壊しないことを目的にしたのが耐震構造です。

カツマタでは経年劣化を考え、
基本的には「無垢の檜」の筋かいで耐力壁を構成し、
そこにプラスして構造用面材を配置しています。

檜は強度が強く、耐湿性・耐蟻性なども高い
国産材の中でも最も優れた材の一つです。

N値計算という手法において
建築基準法で定められた数値の1.5倍以上の壁量確保を標準としています。

002
勝又です。
揺れを抑え、部材の損傷を低減させるため
今回の現場では制震工法を取り入れています。

 

 

image002


施工例TOP