東京で無垢の家を建てた方の声 T様

    white
  • お客様の声

2015年も残り少なくなってまいりました。

今年は本当にお世話になり、ありがとうございました。

このカツマタの家に住み始めてから4ヶ月が過ぎ、東側の住居はお引っ越しされ
新しい家が春には完成するようです。
どんな家が建つのか楽しみに窓の外を眺めています。

なんとなく土地を探しはじめてから5年ほどの月日、
まず、土地が決まるまでの間ただ家を建てるだけでなく、
これからの人生についていろいろ考えたりで本当にエネルギーを使いました。
マンションの売買も大仕事でした。

今こうして考えると、家を建てる前にすでに心身消耗していたので、
カツマタさんに出会ってから、家が建つまでの間に徐々に
気持ちが柔らかくなっ ていったように思い返すことができます.

そう考えると、カツマタさんに出会っていなかったら、
どんなっていたのでしょう!

こうして無事快適に新年を迎えられそうです。お願いすることができて本当に良かったです。

夫も忙しく、2週間ごとの打ち合わせに
参加できただけでも良しとしないといけないほどでした。

自宅でほとんど話し合うことができず、情報過多なこの世の中で、
一生に一度の大きな買い物をすることのプレッシャーもあり、
いっぱいいっぱいになった時がありましたが、
本村さんが、「みなさんそうですよ、ゆっくりでいいですよ」といつも言ってくださったことや
社長さんが「全てきっちり決めてしまっても満足するかというとそうではないですよね」
といっておられたことは、体がほぐされほっと温かい気持ちになりました。

カツマタのみなさんが自信もって家をつくられていて、
買う人というより、その家に住む人として私たちをを見てくれていることを実感し、
カツマタの家造りに、夫婦ともにぐっと信頼感が増していきました。

本村さんが人生のビックイベント?でお忙しかったにもかかわらず、
スイスにいる娘のために頻回にブログで状況をアップして下さり、
入居してからもたびたびお呼び立てしても快くきてくださったこと、
本当に感謝しています。

また、佐藤さんには同じ主婦目線で外構で相談に乗っていただいたり、
教えていただくことができました。
外構工事の方は丁寧に直してくださり、またエアコン工事のお二方の優しい会話、
本音で語ってくれる高橋園の高橋さん、カツマタの周りで働く方はみなさん話しやすく良い人たちばかりで驚きます。

大工の棟梁は、洗面所のヒバ板を見ていただく際、
「自分で作った家で人が住んでから入るのははじめてだよ」とおっしゃり、笑顔で柱をさわっておられました。
大切に暮らしていこうと思います。

住み心地はとても快適です。

初日、和室で寝て翌朝、木のにおいで目が覚めてとても感激しました。

四方が襖か障子のため、目覚めたとき方向がわからなくなりましたが、
2ヶ月くらいしてようやく慣れました。

木のにおいは自分たちはわからなくなってしまったのがとても残念ですが、
来客は、「いいにおい、とても落ち着く」と言ってくれます。

気づかなくてもおいいしい空気を吸っていると思うととても安心できます。

近所の方々は建築の様子を見ておられたので、「とてもいい家ですね」とほめてくれます。

LIXILの方は自分が家を建てるならカツマタで建てるのが夢だとおっしゃってい ました。

武蔵野市の家屋建築確認の若い方が、終了後、「とてもいい家ですね、カツマタですよね。
真壁の和室、柱すごいですね、目の保養をさせてもらいました」と言って帰られました。

夫は檜柱、長女は押し入れや木の戸、息子は床の木の肌触り、次女はお庭と自分の部屋みな気に入っています。
私は家のどこにいてもなんとなく体が軽く感じること、安心感があります。
もう、ずっと以前から住んでいたような気さえします。

最初の希望通り、住むうちに時間の経過とともに良さを感じる家になると思います。

先日、夫がまたカツマタの家を見に行きたいねといっていました。
内覧会のお知らせ、ご近所などでありましたら伺うかもしれません。

来年も皆様にとりまして良いお年でありますように、心よりお祈り申し上げます。

2015年12月

019


お客様の声TOP


イベント情報

資 料 請 求