「思い出を引継ぎ新たな歴史を刻む」無垢の家 K様邸

    white
  • 二世帯
  • 古材利用
  • 地震に強い
  • 施 工 事 例
  • 自然素材の家

   
  

分離型二世帯住宅。平屋部分が親世帯。二階建て住宅が子世帯。内部に行き来できる扉がある。
屋根は和瓦、外壁は自然素材でありながら「防水」と「透湿」の機能を併せ持つなど超高機能・超高耐久性壁材のそとん壁。

親世帯住居はバリアフリー住宅。玄関ポーチにはスロープを施工する。
玄関扉は引戸とし、玄関とホールには段差がない。
ホール床は道産カバ、壁天井は漆喰珪藻土。玄関収納もたっぷり確保。扉など建具はクリ無垢材。

親世帯はリビングダイニングを中心にした生活スタイル。
リビングからどの部屋にも直接行くことができる。
和室の障子は引き込みにし、障子の出し入れで、リビング全体を広くも狭くも使うことができる。
広縁を設けここの扉で子世帯とつながる。
床は道産カバ、壁天井は漆喰珪藻土。柱は檜。

真壁の和室。
柱は檜、壁は漆喰珪藻土、畳は国産イグサ、竿縁天井。
長年お住まいになった旧宅の思い出のある材料を再利用し、旧宅1階床の間・違い棚、2階書院障子を組み合わせ和室を造作。
歴史を引継いだ和室は趣と風格のある佇まいとなった。

旧家1階

旧家2階

主寝室。
寝室から直接便所洗面脱衣室に行くことができる。
もちろんバリアフリー。
床は道産カバ、壁天井は漆喰珪藻土。

床は道産カバ、壁は漆喰珪藻土。
将来的なことを考えて間口を広くしている。
換気乾燥暖房機を設置。

独立式のキッチンだが、キッチンからはリビングが見渡せる。
キッチンの奥には納戸。
キッチン、納戸共に床は道産ナラ、壁天井は漆喰珪藻土。

子世帯玄関、框は旧宅床材使用。
床は道産ナラ、壁天井は漆喰珪藻土。
下駄箱は檜で製作。正面扉は階段下収納。
右扉で親世帯とつながっている。

子世帯リビングダイニング。
床は道産、壁天井は漆喰珪藻土。
白い漆喰珪藻土に梁見せにした米松と、檜で製作したカウンター・棚といった自然素材の空間に、障子を通した柔らかな光が部屋に満ち溢れ、心落ち着く空間となった。

対面式キッチン。
キッチンからは子供部屋も見渡せる。
リビングを中心とした家族ともに空間を共有するスタイル。
たっぷりの収納できる納戸を確保してある。

子供の成長に合わせて、部屋を仕切ることができるように設計。
子供が喜ぶ隠れ家的小屋裏収納もつくった。
床は道産カバ、壁天井は漆喰珪藻土。

子供部屋の上の小屋裏収納庫。
ここも子供部屋と同じように二つに分けることができる。
小屋裏収納も部屋と同じ仕様なので快適空間。

机の板はお客様の思い出の板を使用。
本棚は杉で作成。注文住宅だからできる部屋づくり。

寝室横にあるウォークインクローゼット。
床は道産カバ、壁天井は杉無垢板。扉は檜。
クローゼット内には枕棚やパイプを設置。

タモ無垢段板の階段。


施工例TOP

イベント情報

資 料 請 求